仮想通貨の情報が満載!

被災地の人々に夢と元気を与えるイベント

被災地の人々に夢と元気を与えるイベント チームイエスの事業成功者で構成されるYES RACINGは、東京などでオートサロンを随時開催することにより多くのスーパーカーファンに感動を与えていますが、一方でさまざまな形でのボランティア活動を展開しています。
2018年10月には長崎県雲仙市で行ったボランティアイベントにYES RACINGの有志が集結しました。
雲仙市の近くには雲仙普賢岳があります。
1991年6月に発生した大火砕流によって死者、行方不明者40人以上という犠牲を出した山です。
被災地関連のボランティア活動は、人それぞれ手法や内容が異なります。
チームイエスはスーパーカーのスタイル、カラー、排気音などの魅力を人間の五感でダイレクトに感じてもらい、そこから生まれる感動で元気になってもらうというスタンスでのボランティア活動を実践しました。
仮想通貨投資ビジネスの成功者の証としてスーパーカーを保有するだけにとどまらず、スーパーカーをボランティア活動に役立てるという発想と実行は新しい形のボランティアの提案です。
規模は小さくても、仮想通貨投資という先端ビジネスがもたらす成功例を地方都市でリアルに紹介することで、インターネットでつながっている現代社会においては、地域に関係なく成功のチャンスがあるのだということを示唆する効果まで生み出したという点でも高く評価できます。

収益の寄付とスーパーカーを使った社会貢献活動

収益の寄付とスーパーカーを使った社会貢献活動 チームイエスでは収益の寄付とスーパーカーを使った社会貢献活動に力を入れています。
投資案件のひとつAIトレードでは、飢餓を止め子供を救うことを世界的な目標と位置づけ、利益の5パーセントを寄付することを表明しています。
子供たちに夢を与えることも、方針のひとつです。
2018年10月、長崎県の島原復興アリーナで開催されたスーパーカーショーでも、新聞やテレビでも大きく報じられました。
代表の呼びかけにメンバーが協力して実現したもので、イベントでは子供の貧困対策のための募金への呼びかけが行われ、世界の名車は多くの自動車ファンと子供たちを楽しませました。
チームイエスは子供たちだけでなく、子どもたちを支える親の自立支援にも力を入れています。
ひとり親家庭を応援する地域社会の実現を目指す非営利のNGO団体ハートフルファミリーのスポンサーに名を連ねているのはその一例です。
資金援助以外にも、シングルファミリーを招待するイベントを開催し、スーパーカーに子供たちを乗せるなどの活動も行っています。

新着情報

◎2019/3/1

サイト公開しました

「仮想通貨 貢献」
に関連するツイート
Twitter